賃貸マンションにまつわるトラブルQ&A

火災保険に加入していなかった場合、隣の住宅から燃え移ったらどうなるのでしょうか。

例えば隣の住宅から

賃貸契約の住まいに暮らす方の中には、火災保険へ加入しなくてもよいと思われている方がいます。
確かに賃貸住宅である以上、自身の財産ではないので補償を備える必要性がないと考えることができます。
ですが賃貸契約の解除の際に、原状回復をして部屋を返還する義務があります。
それでも自身は火災を発生させないように最大限の配慮を持ち合わせているという意見もあります。
では自身以外の部屋から失火した場合を想定しましょう。
例えば賃貸マンションの隣の部屋で、火災が発生した場合を想定してみましょう。
この火災によって、自身の借りている賃貸住宅も延焼によって損害を受けたとします。
賃借人は上記にある債務不履行責任を負っていますので、必ず修繕する必要があります。
では修繕に必要な費用は、火災保険の補償で行うとします。
ですが隣の部屋の加入している火災保険では、自身の借りている部屋の受けた損害は、補償の対象ではありません。
この結果、他人の過失で受けた損害でも、自身で賠償することになります。
このようなことにならないためには、賃貸マンションでも自身で火災保険へ加入しておく必要があります。
火災保険への加入の議論がされているようですが、賃貸マンションでも加入は必須です。
賃貸契約では、原状回復義務というものが設けられています。
賃貸住宅を退去する際は、借りている部屋を賃貸契約時と同じ状態にして返還するという義務です。
火災保険に加入していなければ実費で修繕費用を負担することになります。
自身の財産でもない賃貸住宅に、多額の自己負担で修繕することになります。
このことを想定すると、賃貸住宅でも火災保険への加入は不可欠という意味が分かるでしょう。

お役立ちサイト