賃貸マンションにまつわるトラブルQ&A

住まいを選ぶ3つのポイントは快適な生活を送るための必須条件です。

住まいを選ぶポイント

賃貸住宅とはいえ、しばらくの期間は住まいとして使用する住宅です。
やはり快適に過ごすことのできる部屋を選びたいのは当然です。
ですが住まいは外観や部屋を見るだけで、快適な生活を送ることのできる住宅かどうかの判断はつきにくいです。
そこで賃貸住宅を選ぶ際に、決して外してはいけないポイントというものを認識しておきましょう。
1つが「通風」です。
通風とは、賃貸住宅全体に対する風通しのことです。
この通風がよいことが、快適な生活を送れるポイントの1つとなっています。
風通しが悪い住宅の場合、カビやダニ、結露などの発生する確率が非常に高くなります。
これらの発生は異臭や不衛生といった問題だけでなく、家具や寝具、床などを傷める要素となってしまいます。
家具や寝具などは買い替えることもできますが、床を傷めると修繕費用を負担することになってしまいます。
そして続いてのポイントである「日照」でも同じことがいえます。
日照が悪い部屋はどうしてもカビやダニ、結露の発生がしやすくなってしまいます。
日照、そして通風が悪いと結果として修繕費用を負担することが想定されます。
さらに毎日の生活の快適性において、極めて劣悪な状況をつくりだしてしまうことになります。
3つめのポイントが「プライバシーの確保」です。
このプライバシーの確保は、日常生活を快適に送る上で欠かせない要素といえます。
プライバシーの確保と関係しているのが、賃貸住宅の構造や周辺に隣接するマンションなどの住まいです。
特に都心部では中・高層のマンションが乱立しており、プライバシー確保が非常に難しくなっています。
ですが快適な生活のためには必須のポイントといえますので、賃貸住宅を選ぶ際はプライバシーの確保ができているかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

お役立ちサイト

  • 神宮前矯正歯科で矯正治療をしている人のブログはこちら。