賃貸マンションにまつわるトラブルQ&A

賃貸契約を交わす際に必要となる書類の確認をしておきましょう。

賃貸の必要書類の確認

住まいの賃貸契約の際に必要となるメインの書類は「賃貸借契約書」です。
この書類によって契約が締結されます。
続いて賃貸契約に必要な書類は、賃貸契約の申込人の情報が記載されているものです。
「賃貸契約者の収入証明書」や「入居者全員の住民票」「賃貸契約者の身分証明書」「戸籍謄本」などとなっています。
収入証明書は、会社員の場合、源泉徴収票となっています。
これは会社から年度末に受け取る書類です。
個人事業主の場合は確定申告書あるいは課税証明書です。
そして住民票は、必ず入居者全員の情報が記載されたものに限ります。
身分証明書は、運転免許証やパスポート、健康保険証などのことです。
戸籍謄本は不要な賃貸契約もあります。
ただし戸籍謄本の発行は、本籍地の役所で行うため、ある程度期間が必要となります。
早めに戸籍謄本の発行手続きを行っておきましょう。
続いて賃貸契約では、「連帯保証人」を立てる必要があるため、連帯保証人の情報が記載された書類が必要となります。
「連帯保証人の印鑑証明書」「連帯保証人引受承諾書」「連帯保証人の収入証明書」などが必要です。
印鑑証明書の発行の際は、印鑑登録を事前に行っておく必要がありますので、連帯保証人に依頼しておきましょう。
そして連帯保証人引受承諾書は、連帯保証人が自身で連帯保証人として認めることを示す書類です。
通常は賃貸借契約書に記名押印となっています。
そして収入証明書は会社員の場合、源泉徴収票で、個人事業主の場合は確定申告書あるいは課税証明書です。
これらの不備がないようにしっかりと確認をしましょう。

お役立ちサイト