賃貸マンションにまつわるトラブルQ&A

入居審査は賃貸契約にとって通らなければならない門といえます。

入居審査について

賃貸のマンションやアパートに入居をする前には賃貸契約を交わすようになっています。
この賃貸契約の際、賃貸住宅へ入居させてよい人物か、そして契約を締結させることにふさわしい人物かどうかを図るために審査が行われます。
これを「入居審査」とよびます。
入居審査では、賃貸契約希望者の人物像なども考慮されるといわれていますが、審査自体は書類のみですので、よほど問題のある人物でないかぎりその点で審査に落ちることはありません。
ただし暴力団関係者の排除という制度がありますので、該当する方は審査に合格することができません。
住まいの賃貸契約における審査は書類のみとなっています。
必要な書類は事前に準備をしておく必要があります。
必要書類に不備があると賃貸契約を締結させることができませんので、しっかりと確認をしておきましょう。
これらの書類の内容に問題があると審査が厳しくなりますので、提出する前にしっかりと確認しておきましょう。
入居審査は一般的に、人柄や収入、勤務先などを検討材料として行われます。
人柄という部分は書類の上での審査となりますので、あまり明確な正解というものはないでしょう。
収入や勤務先に関しては厳しい審査となっており、特に水商売の方や勤続年数が浅い方は審査に通ることが難しいといわれています。
もちろん物件や持ち主によって審査基準が異なりますので、一概にいうことはできません。
審査が不安な方は他の物件も探しておいてもよいでしょう。
例えば水商売の方でも普通に賃貸契約を交わすことができる住まいなどたくさんあります。

お役立ちサイト