賃貸マンションにまつわるトラブルQ&A

不動産会社の役割を知ることで無意味なウワサの信憑性が分かります。

不動産会社の役割

今、賃貸契約において、住まいの不動産会社とはどのよう役割を担っているのでしょうか。
これは対象となる物件の持ち主から依頼を受けて、入居者を募集するという業務を行っています。
これは媒介契約とよばれるもので、媒介とは仲介と同じ意味です。
賃貸契約では通常、不動産会社を仲介して契約を行います。
不動産会社とはこのような賃貸契約の代理人を務めることが1つの業務となっています。
そして賃貸契約の代理人であるため、不動産会社に対して報酬を支払う必要があります。
これが不動産会社にとっての収益となります。
すなわち賃貸契約を締結させることができない場合は、不動産会社にとってただ働きとなってしまいます。
そのため不動産会社の持ち物でない限り、契約が決まりやすい物件を優先して紹介してくれます。
そして賃貸契約に必要となる「賃貸借契約書」を作成することも不動産会社の主な業務となっています。
ちなみに個人間での賃貸契約の場合、賃貸借契約書を作成する必要はありません。
ですが書類で契約を交わさないと、後にトラブルの発生が懸念されます。
親しい間柄であっても、賃貸借契約書を必ず作成して契約をしましょう。
また、賃貸契約を交わす前に気に入った住宅を見つけた場合は、他で契約されないように仮押さえの費用を支払います。
これは賃貸契約を交わすという意思を示すための「申込金」で、その後の賃貸契約が締結しなかった場合は、全額返還されます。
そして不動産会社はこの授受した申込金を持って家主と交渉するという業務を行っています。
これらが賃貸契約における不動産会社の業務となっています。
不動産会社も営利企業ですから、いかに多くの契約を締結させることができるかが重要です。
そのため不人気物件を優先して紹介することなどあり得ません。

お役立ちサイト