賃貸マンションにまつわるトラブルQ&A

賃貸契約の際に支払う必要のある各種費用を調べておきましょう。

契約の際の費用

住まいの賃貸契約では、家賃の他にさまざまな費用を支払う必要があります。
そしてこれらの費用の大半は、賃貸契約を交わす際に支払うものとなっており、事前に用意しておく必要があります。
これらの費用を用意していなければ賃貸契約を締結させることはできませんの、必ず事前に準備をしておきましょう。
またこれらの費用にはさまざまなものがありますので、ひとつ1つの確認をしてみましょう。
1つが「仲介手数料」です。
昨今はこの仲介手数料の金額を低く設定している不動産会社が増えています。
もちろん支出は低いことにこしたことはありませんが、別の名目で余分に費用を徴収されている可能性がありますので注意しましょう。
一般的な仲介手数料の相場は、家賃の1カ月分です。
そして「敷金」という費用があります。
これは賃貸契約者が、入居後の家賃を滞納した際の保証として支払うものです。
入居者が滞納した場合、この敷金から家賃が相殺されます。
一般的な相場は、家賃の2カ月分となっています。
また、敷金は退去する際の修繕費用と相殺もされます。
この敷金と似たものに「礼金」です。
礼金とは家主に対して支払う費用で、契約後にお世話になるという意味を表す謝礼です。
謝礼のため、返還されることはありません。
昨今はこの礼金の制度自体が廃れてきている傾向にあり、礼金を徴収しない賃貸契約が増えてきました。
そして月の途中に入居する場合は、その月の家賃を「日割り家賃」として支払います。
これは1月分の家賃を日で割って入居日から月末までの費用を支払います。
さらに家賃は、入居月の翌月分も支払うことになっています。
これを「前家賃」とよびます。
入居の月の分と翌月分の両方を、賃貸契約の際に支払います。
前家賃は翌月分の家賃のため、翌月分の支払いはありません。