賃貸マンションにまつわるトラブルQ&A

賃貸住宅の場合、火災保険への加入は本当に必要なのでしょうか。

賃貸住宅の火災保険への加入

自分のものじゃないので、と賃貸マンションで火災保険に加入することに必要性を感じないという意見があります。
確かに賃貸マンションは家主の持ち物であるマンションを借りているだけですので、火災保険などに加入する必要はないのでは、と考えてしまうことは理解できます。
ですが賃貸マンションだからこそ、加入する必要があります。
そもそも賃貸契約の際において、強制的に火災保険への加入をすすめられます。
ですが火災保険の継続は任意であり、当初の契約期間を終えればその後の契約は賃借人の自由となっています。
保険料も高いので加入しないでおこうと考える方も多いでしょう。
ですが賃貸マンションを退去する際、賃借人は「原状回復義務」を遵守する必要があります。
原状回復義務とは、賃借人は退去の際に賃貸物件を、賃貸契約時の状態に戻して返還するという義務です。
これが火災で損害を受けた状態の場合は、義務を満たしてないことによる債務不履行となってしまいます。
賃借人は、民法415条の「債務不履行責任」を負っているため、修繕費用を負担する必要があります。
そのため賃貸マンションでも、火災保険への加入は必要とされています。
さらに火災保険の補償の特徴によって、加入は必須となっています。
火災保険の補償対象とは、加入している人の住宅・家財となっています。
当たり前のように聞こえますが、非常に大切な点です。
加入している人の住まいや持ち物のみを補償の対象としていると理解しましょう。
そのため賃貸マンションでも、火災保険への加入は必須といわれているというわけです。

お役立ちサイト